マジシャン 東京大学出身 1988年1月23日生まれ shota[@]magician.jp


by alone-in-sky
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

忘れてはいけないこと

とある合わせのために、文化学院大学へ行きました。

ぐるりと回って、12階の窓際のスペースで。
周りには、たくさんの学生がいて。
ヘッドホンをつけながら。
友達をしゃべりながら。
大きな机に大きな紙を広げて何かを描いていたり。
縫い物のようなものをしていたり。
課題なのか、自分でやっているものなのか分からないけれど。
嫌々やっているのかもしれないし、楽しくて楽しくて仕方がないのかもしれないし、それは分からないけれど。
一人で、友達と。
みんながそこに向かってて。
コツコツ何かに取り組んでいる空間が。
とても居心地が良くて。
忘れてはいけない何かを思い出したような気持ちになりました。

家に帰って、今の今まで、久しぶりにこんなに練習したなというくらい練習をしました。
試して、やっぱり修正して、もう一度試して。
しっくり、すとんとくる点を探して。
ひとつひとつ。
数年前に出来ていたことが、いつの間にか出来ずにいたんだなぁと。
どこかでは分かってはいたけれど、意識せずにいたなぁと。

今日があって、良かったなと思います。

6月25日:小さなマジックショー
7月24日:ソロライブ【Cut】(舞台)

おまけ写真:顕微鏡でトランプを診断している図
c0183711_0125166.jpg

[PR]
# by alone-in-sky | 2011-06-22 00:13

小さなマジックショー

4月に空き地という素敵空間(屋内です)で、「スペインのカードマジックに魅せられて」というタイトルでテーブルマジックショーをしました。
そこで感じたことがあって、こういうのやりたいなぁというものがあって、じゃあ形にしようということで形になりました。

【小さなマジックショー】

友達と、家族と、恋人と観に行けて、
そして、マジックを見終わった後に、カフェで感想なんかを話せるような。

マジックを見終わったとに、また別の休日の楽しみがあって、
誰かの、ある日に、「マジック」が他の日常と同じように含まれる。
「マジック」というものは、基本的に「日常では起こりえないこと」を見せるもので、
だからこそ「非日常な」とか「夢の」なんて言葉が付随しがちです。

そして、「特別なもの」として捉えがちです。

でも、「マジック」というものは、実はそんなに特別なものでもないのかもしれません。
その「特別感」みたいなものは、マジシャンの見せ方だったり、観る人の気持ちだったりによっていて、そういうもの次第で特別なものにもなるし、他の日々の出来事と同じくらいの日々の出来事にもなりえるのだと思います。

「小さなマジックショー」は、「他の日々の出来事と同じくらいの日々の出来事になるような」、でも「ちょっぴり特別な」をコンセプトにしたショーです。

軽く、ランチを食べに行く、そんな感覚でお越し下さい。
本当のランチとは違って、食べる料理は選べませんが、毎回目の前で観るのに最上なマジックをご用意しています。

c0183711_1132059.jpg


日にち:6/25(土)、8/20(土)、9/17(土)
Open:14:00〜
Start:14:30〜
場所:空き地
  :渋谷区千駄ヶ谷3-52-9
  :JR原宿駅/竹下口 徒歩6分, 東京メトロ副都心線 北参道駅/出口2 徒歩4分,
料金:2000円
予約:shota@magician.jp
※必ずご予約ください。予約制です。
※終了後、30分ほどのカフェタイムもあります。ご自由にご参加ください。



ホームページもどうぞよろしく。
http://shotairieda.net/
[PR]
# by alone-in-sky | 2011-06-10 01:14
前作、ソロライブ【LINK】に続いて、7月24日に舞台公演が決まりました。

今回は、【Cut】というタイトルです。
公式ページはこちら。
チケットの購入はこちら。

さて、内容ですが、
新作と過去に作った作品のリメイクで再構成して、このショーを作りました。

いつものマジシャンはもちろん、
不思議を考え続けるマジッククリエイターも、
透明人間学科の教授も、
マジックを始めてしまった中学生も、
登場します。

個人的な今回のテーマは「エンターテイメント」です。
言葉が大きすぎて、いまいち向かい合えていなかったこの言葉と、
真剣に向かい合おうと考えています。
そして、前作【LINK】、【本の森】と同じく、舞台でしかできない表現を、「ストーリーにマジックをのせる」ということを追求していこうと思っています。

今回のソロライブ【Cut】の次の舞台は、おそらく2012年の冬、1月あたりになると思います。
まずは、この夏、ぜひ友達や家族や恋人を誘って、不思議な世界を覗きに来て下さい。
劇場でお待ちしています。

c0183711_8344490.jpg

入江田翔太ソロライブ【Cut】
日程:7月24日(日)
開演:15:00〜/19:001〜(※開場はそれぞれ30分前)
脚本/演出/出演 入江田翔太
料金:前売り¥2,500 当日¥3,000
前売発売日:6月4日(土) イープラス
当日券発売:開演1時間前 劇場1Fにて
会場:APOCシアター
  :小田急線千歳船橋駅徒歩2分
問い合わせ:shota@magician.jp
[PR]
# by alone-in-sky | 2011-06-04 10:31

雨、5月、DVD、7月の舞台

台風が近づいているようで、雨の日が続いています。
雨にもいろんな雨があって、
痛いくらいに肌にぶつかるような雨も、
煙みたいに細かくて挙動の読めない雨も、
そんなたくさんの雨を僕らは「雨」という言葉でまとめているのだなぁと、
雨の続くここ数日思いました。


5月は映画も舞台もたくさん観て、
面白いものがいっぱい、
ぐっとくるものもいっぱい、
たくさんの人が何か作っていて、
作られたものがたくさんある、
この東京という街はいいなぁと改めて思いました。


さて、明日はDVDの撮影です。
エキストラとして参加して頂ける方、ありがとうございます。
良いものに仕上げますので、お付き合い下さい。
基本的なコンセプトはレクチャーで、DVD内パフォーマンスをしているマジックの解説が含まれます。
ただレクチャーの内容は、ご自身で割とマジックをやっている方向けです。解説を見て、すぐにできるような内容はほとんどありませんので、ご容赦を。
もちろん、「マジックのパフォーマンスだけを楽しむ」という目的でも十分に耐えうる内容にする予定ですので、ご自身でマジックをされない方もぜひぜひ。発売は7月頃になりそうです。


さて、最後にひとつ。
7月24日に、前作【LINK】に続く舞台をすることになりました。
タイトルや詳細は6月4日にここと、ホームページで告知します。


ではでは、残り少ない5月日和を。次は6月4日に。
[PR]
# by alone-in-sky | 2011-05-29 18:29

「八日目の蝉」と今日

先週は、「GANTZ Perfect Answer」を観たのですが、今週も映画に。
昨日は13日の金曜日で、お昼に一人で映画館。
「八日目の蝉」を観ました。

あまり「ヒューマンドラマ」みたいな映画は観ないのですが、今回はなぜか。
観に行って良かったなと思いました。
どきどきはらはらする話でもなく、決して楽しい話でもなく。
井上真央さん演じる薫(恵理菜)が何かを取り戻していくお話です。
決して誰かが悪い訳ではなくて、それぞれがそれぞれの事情のもと生きていて。
確かに重い話だけれど、最後には前を向いて歩いて行ける、そんな映画でした。
この映画を見て、「救われたな」と思う人がたくさんいるんじゃないかなぁと思いました。

こうして終わった後も振り返りたくなる作品って良いなぁと思います。
観ているそのときだけが楽しいだけではなくて、その後にもそれがどこかに残っていて、たまに思い出される。
そういうの良いなぁって思います。
その場が楽しいだけって、ちょっと寂しい。
その寂しさが良いのだけれど。

さて、DVD撮影のエキストラに応募してくれた方、ありがとうございました。
今日、スタジオの下見っぽいことをしてきます。
ある程度の椅子の配置等も決めるつもりです。
その後、打ち合わせ。というか、取材@新宿?
そして、夜にはとあるパーティで数十分間のショー@神保町。
いろいろありますが、そんないろいろを、ひとつひとつに対して、がんばっていたいなと思います。

ではでは。
[PR]
# by alone-in-sky | 2011-05-14 07:56