マジシャン 東京大学出身 1988年1月23日生まれ shota[@]magician.jp


by alone-in-sky
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2010年を振り返ろうと思ったのですが、何をどう振り返ったらいいのかよく分からなくなってきたので、2010年に触れてきたものの中で、「良いな」と思ったものを思い出そう企画です。

とりあえず、【舞台関係】と【マジックの本】。

【舞台関係】
①LIVE POTSUNEN 2010『 SPOT 』:
c0183711_12393373.jpg
どうしても観たくて、でも東京や横浜のチケットは取れなくて、でも福岡のチケットは取れたので、行ってきました、福岡。
本当に面白くって、凄くって、ちょっぴり落ち込んで、それ以上にたくさんのことを学んだ舞台でした。
それにしても、小林賢太郎さんの舞台を作る-発表するペースが速すぎて、しかもクオリティもしっかり保っているというのが、ねぇ、もう。
僕が今、日本で一番尊敬する人かもしれない。







②激団リジョロ 第15回公演『PARADE』:
c0183711_12411632.jpg
つい、この間、観てきたんですけれど、あと少しで泣いてしまうところでした。もうこぼれる臨界点ぎりぎり。
完全にやられてしまいました。前回公演『ブルッシー』は、どちらかというと色んなことを考えさせられて、頭でぐるぐるしていたのですが、今回は理屈とかそういうのではなくって、心にずきゅんときました。
人を泣かせられるって、凄いことだよなぁ、本当に。力強かった。



③井手茂太 新作ソロ公演 イデソロリサイタル[idésolo]:
c0183711_12424815.jpg
ダンスはあまり観に行かないのですが、「ソロ」という言葉に惹かれて、観に行ってきました。
舞台って、こんなに自由にしちゃっていいんだって。
ダンスをやっていた訳でもなく、知識がある訳でもない僕ですが、井手さんの体と音楽だけで60分きっちり楽しまさせられました。
新しいことをやろうとしているんだろうなぁって。一人でやっているんだなぁって。





【マジックの本】
①Books of Wonder:
c0183711_1244289.jpg
2010年という訳ではないのだけれど、今年もものすごくお世話になりました。
トリックの部分よりは、合間合間のエッセイにものすごく影響を受けました。
「座ってマジックをするか、それとも立ってするか」とか「磨き続けること」とか「葛藤と感情」とか、初めて読んだとき、僕の求めていたものが言葉としてそこに見つけたような感覚でした。
マジックは理論や思想だけではできないけれど、僕はこういう理論や思想を持っていたいなと思います。
著者のTommy Wonderは数年前に亡くなって、もうお会いすることはできないのが、本当に残念でなりません。

②Books of Ascanio:
c0183711_12461224.jpg
TamarizやKiko、Helderの影響で購入して、ぽつぽつ読みました。
これは、TamarizやHelderの演技を観て、思ったことですが、
何でもないところに、こんなにも拘れるんだって。
何でもないところに、拘ると、こんなに遠くまでいけるんだって。
小さい積み重ねでしか、遠いところにはいけないんだよなぁ。
ちなみに、4巻あります。


③The Five points of Magic:
c0183711_12465013.jpg
そこまで読んだか、というとそうでもありませんが、自分の動きに自信が持てなくなったときに、たまに開いてぱらぱらします。
薄い本だし、スペイン語を翻訳したものなので、割と簡単な英語で、割とぱっと読めます。
ぱっと読んで、全部即実践するのは難しいですが、少しずつでも自分の体に取り入れていけばいいんじゃないかなと思います。
Tamarizは凄いよ、本当に。泣きたくなるくらい。



入江田翔太サイト
ソロライブ【LINK】サイト
[PR]
by alone-in-sky | 2010-12-31 12:51

更新2つ。

ソロライブ【LINK】について、いくつか更新しました。

message2 【舞台における決め事】

相沢沙呼さんとの対談


ぜひぜひLINKを宜しくお願いします。

年末にもう一度、こっちでブログを書いて、今年は終わりかな。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-12-26 10:37

インタビューをうけて

二日間にわたって、関西のマジックジャーナリストの和泉圭祐氏にインタビューを受けました。

内容は、こちら

僕のインタビュー以外にも、興味深い記事がたくさんあるので、ぜひ。

今回のインタビューの内容は、LINKのことから、ライブのこと、そしてなぜかホッピングの話も少し。
昨日の夜もホッピングでしたが、これに関してももっと研究しなくちゃいけないなとは思っています。
帰りの電車の中であれこれ考えるのだけれど、家に帰ると、今はLINKのことでいっぱい。

ソロライブ【LINK】のサイト
通常のサイト
[PR]
by alone-in-sky | 2010-12-23 10:39
2週間ぶりです。
ここしばらくマジックの活動報告をしていませんでした。パブリックなものも、ちょこちょこやってはいたのですが(にじ屋とかボエームとか)、なかなか時間も取れず。

Ⅰ. ソロライブ【LINK】
ソロライブ【LINK】を2011年2月20日に公演します。
場所はAPOCシアター。新宿から電車で10分ほどのところにあります。
どんなことをやるのかは、【LINK】の専用サイトにて。
前作【本の森】とはまた違った形のものをお見せできると思っています。
もちろん、内容は【本の森】とは一つも重複しないので、前回見に来てくださった方はぜひ。もちろん、見に来られなかった方も【LINK】から、ぜひ。

http://shotairieda.net/link/top.html

チケットはイープラスにて。


【LINK】に関しては、上記のサイトで少しずつ公開していくつもりです。
Ⅰ-ⅰ. message
Ⅰ-ⅱ. staff note
Ⅰ-ⅲ. 《対談》ミステリ作家相沢沙呼さん
などなど。

一応、席に限りがあるので、お早めに。
ぜひぜひ周りのお友達や家族、恋人を誘って、お越し下さい。


Ⅱ. 新しいサイト
http://shotairieda.net
まだまだ少しずつコンテンツを充実させていくつもりです。
どうぞよろしく。

もうすぐクリスマスです。
クリスマスが終わると、年の瀬で、そして正月がやってきます。
年末も正月も引きこもって、【LINK】に取り組もうと思っています。 デザイン等やってくれているかじぽんも実家には帰らないらしいし、僕の苦手な照明をメインで考えてくれる山田君は東京にいるし。うん。年末年始は【LINK】です。

さてさて、ソロライブ【LINK】、ぜひぜひ起こしください。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-12-19 09:34

やり切るということ

昨日、オワリカラというバンドのワンマンライブを聴きに、そして観に行きました。彼ら、本当にやり切っているなぁと。
ライブが終わった後、しばらく耳の感覚がおかしくなるほどの音と。
そして、4人が4人、やり切っている感じがひしひしと伝わってくる視覚的なパフォーマンスと。
ミュージシャンの方のライブに出演させていただく機会は今までに何度かあったのですが、初めて見るタイプでした。
実際はどうなのか分かりませんが、きっと最初から最後まで、そのとき出せる最高のもの
を、後先考えずに出し続けていたのだと思います。

僕は昔、マジックのコンテストにたくさん出ていた時期がありました。マジックのコンテストは、一人10分間の演技時間が与えられます。
10分しかないので、できるだけをそこに自分の力を詰め込もうとしますし、10分しかないので最初から最後までフルパワーで臨んでいました。
たった10分程度ですが、終わった後は相当に体力を消耗するものです。

最近、僕もソロで1時間を超えるライブをするようになって、それはそれで昔に比べたら
進歩かなとは思います。
そして、頭の中では、時間は長いけど最初から最後まで隙なくいこうと分かってはいます。
ただ実際問題として、やっぱり、1時間以上の時間を与えられると、1時間の枠の中で出し切ればいいという気持ちがどこかにあるんじゃないか、無意識にある程度コントロールしているんじゃないかと、ふと考えてしまいました。
ある意味、力の抜き方が分かってきたのかもしれませんが、それってどうなんだろうと。
もう一度、昔の気持ちを思い出して、もっともっと細かい単位でやり切ることを意識しないとなと。

昔の気持ちで、昔と同じように演技することはしちゃいけませんが、昔の気持ちを忘れてはいけないなと感じた夜でした。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-12-05 00:00