マジシャン 東京大学出身 1988年1月23日生まれ shota[@]magician.jp


by alone-in-sky
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

9月のソロライブ「本の森」のフライヤーができました。
いつの間にか、社団法人日本奇術協会が後援してくれることになっていて、びっくり。

「こんなことをやっているのは僕くらい」を胸を張って言えるくらいに、僕にしかできない内容になっています。
誰もやっていないことをやります。

「本の森」は、新しいものを、まだないものを、という姿勢で作った作品です。
内容をちょっとだけ明かすと、
一人二役もするし、
マジシャン以外の役も演じるし、
コマ切れではなく、5つの作品が全部繋がっている。
そして、そんなことをやっているのは僕くらい(断言、そして強気)

今回、主催してくださったJCMAの田代会長も、
『入江田さんの革新的な部分は、
1点目
古典的名言とされる「マジシャンを演じる俳優たれ」
に反旗を翻(ひるがえ)し、「俳優を演じるマジシャン」となったこと。

2点目
不思議を直截(ちょくせつ)に観客に問うことを避け、
むしろ観客の方から不思議が起こることを願うような状況の中で、
いや不思議が起こってこそ当たり前、という環境を恣意的に
作り出しておいて、その上で不思議を見せるようにしていること。

3点目
観客に提示するエピソード(今回のライブではそれが3つ
あった)の些細が、(1)了解可能であって、(2)魅力的であって、
(3)感情または感性に訴えるものであったこと』
と書いてくれています。

うん、めちゃくちゃ宣伝だ。
新しくて、熱くて、刺激のあるものを観たい方はぜひ。

とりあえず観たら分かる(ふんぞり返って)

本の森:本を探し続ける男のお話です。


【本の森@神戸KAVCホール】
2010年9月5日(日)PM4:00 開場 16:30開演
チケット:\2,000-(全席指定)
会場:神戸・神戸アートビレッジセンター・KAVCホール(http://kavc.or.jp/)
神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号 TEL078-512-5500
(神戸高速「新開地駅」東出口より徒歩約5分
「JR神戸駅」より徒歩約10分
神戸市営地下鉄「湊川公園駅」より徒歩約15分)
JCMA主催
脚本/演出/出演:入江田翔太


【本の森@有明・ファッションタウンビル】
2010年9月19日(日)PM1:30開場 PM2:00開演
チケット:\2,000(学生\1,000-、18歳以下(高校生以下)無料)
会場:有明・ファッションタウンビル 9F(9E会議室)
http://www.tokyo-bigsight.co.jp/tft/index.html
りんかい線「国際展示場駅」(下車徒歩約5分)
ゆりかもめ「国際展示場正門駅」 (下車徒歩約1分)
脚本/演出/出演:入江田翔太

【本の森@ WINK AICHI】
2010年9月26日(日)12:00 開場 13:00開演
チケット:\2,000-(学生\1,000-、18歳以下 (高校生以下)無料です。)
会場:WINK AICHI(愛知県産業労働センター)10階1003
http://www.winc-aichi.jp/
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38 TEL: 052-571-6131
(名古屋駅より徒歩約2分)
脚本/演出/出演:入江田翔太
[PR]
by alone-in-sky | 2010-07-27 00:02
土曜日はCOKAGEでテーブルマジックのライブをしました。
観に来てくれた方、暑い中、本当にありがとうございました。
暑さが吹っ飛ぶくらいの反応、嬉しかったです。
やっぱり、テーブルマジックは、名前の通り、目の前で見せないと。
「横から観てもいい?」と言われたら、「どうぞ」と言いたいし、「後ろから観てもいい?」と言われたら、それでも「どうぞ」と言いたい。
でもそれは挑戦しているわけではなくって。楽しく。のんびり。
土曜日は、ある意味理想のライブでした。

suiさん、アルパカ、ありがとう。
みるるちゃん、スタバと、僕の新しいサインを考えてくれてありがとう。
そして、オーナーさん、COKAGEでライブをさせて頂いて、ありがとうございました。

オーナーさんが、面白いことを思いついたらしいので、そのうち面白いことをやるかもしれません。
面白いことが大好きだ。
面白くないことはあまり好きではありません。
面白いことをしたい。


ライブの前に、激団リジョロの団長さんとちょこっとお話をする機会がありました。
5分くらいしか話せなかったけど、凄く元気が出て、心強くて、うんうんと必死に頷いていました。戦っている人の言葉は、体から出る言葉で、身に染みる。
大きな人です。
大きな人に僕もなりたい。

僕の求めている何かのヒントを、他の分野の方が持っていることがあって、
歳の離れた(年上でも年下でも)人で、(安易な言葉かもしれないけれど)頑張っている人とお話をするのって大事だと思う。
これは、本当にそう思う。

他の頑張っている人の前に立ったときに、堂々としていられるようになりたい。
頑張っていたい。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-07-25 23:25
ここ数日、いろいろなことがあって、いろいろなことを考えて、頭を抱え込み過ぎていたので、ちょっと肩の力を抜こうと思いました。
9月のライブの先を見過ぎていて、ちょっといろんなものが硬くなったようです。
もみもみ、ほぐさないと。
考えないと前に進まない。
手を動かさないと何も見えてこない。
でも、何もしなくても、あまり無理をせずに、流れに身を任せているだけで、実は進むんじゃないかって。
何かが、運んでくれるんじゃないかって。
ちょっとだけ、そんな風に考えることにしました。
ちょびっとだけ。

危機感を感じて焦る自分と、のんびりと楽観する自分と、それをコントロールする自分と、うまく折り合いをつけつつ、前に進もう。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-07-20 23:15
8月21日、駒込で行われるサタデーナイトマジック第四夜に出演させて頂きます。
出演:ゆうきとも 庄司タカヒト 入江田翔太
料金:1000円
19時開場、19時15分開演
予約は、shota@magician.jpか、mMLお問い合わせフォームへ。

椅子に座って、カードマジックをします。
マジックをしている方にも楽しんでもらえるような内容でがんばるつもりです。

それから、直近ではCOKAGEでテーブルマジックのライブをします。
40~50分くらい。
トランプでぽつりぽつりと。
それから、今回だけ、suiさんの展示に合わせて、アルパカをモチーフ?にしたマジックをします。
こちらの方もぜひぜひお越しください。
予約をしていただくと、2ドリンク付くそうです。予約は、shota@magician.jpへ。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-07-20 22:44
僕のライブは、毎回似たような感じではなくって、大きく分けて2種類ありますよっと。
理想も含めて、こんな感じですよっと。

1つ目は、テーブルマジックのライブ。
理想はトランプ一つで、周囲を、右も左も、ぐわっと観客に囲まれて、ひとつひとつ、ぽつりぽつりと見せるライブをしたいです。
うまくなりたいです。
凄くなりたいです。

2つ目は、ステージでのライブ。
ステージと言っても、ステージマジックとテーブルマジックの中間のようなもので、
観客は50人くらいで、
70分とか90分とかの尺を休憩なしで、
かつ70分とか90分がライブのタイトルとリンクしていて、
かつ全体が1つのモノになっているもの。
そして、かつ全部、自分の手順で。
毎回、全部違う作品で。

ちなみに7月にCOKAGEでやるのは、テーブルマジックのライブ。
9月で神戸、名古屋、東京でやる「本の森」のはステージでのライブ。

こういうことは、ホームページか何かできちんと伝えるべきなんでしょうね。
でも、そういうことは苦手なので、かじぽんがなんとかしてくれると信じています。

「本の森」の次も少しずつ見据えて、動いていますよっと。
そのせいで、もう鬱になりそうですよっと。
嘘ですよっと。
まんざらでもありませんよっと。

あぁ、なんだか、カラフルなことがやりたい。
まずは、自分の部屋をカラフルにしたい。
壁をポスターやら写真やらでぐわーっと埋め尽くしたい。
白いところなんていらない。
染まってしまえ。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-07-19 21:04

尊敬する人

全く同じ土壌ではないけれど、そこまで違う土壌でもなく、尊敬する人がいて。
しばらくホームページの類を見ないようにしていたのだけれど、久しぶりに覗いたら、また大きなことをやっているらしい。
僕がぐずぐずしている間に。
いや、ぐずぐずしていたつもりはそこまでないのだけれど。

既に、大きな差があるのに、
更に、どんどん離されていくじゃんか。

たまには、こんな気分も必要なのかもしれないのだけれど、
あー、それでも嫌になっちゃうよなぁ。

そんな力の差とか、見せつけないで欲しい。
ぐすぐす。

ずっと、このまま離される一方なのかもしれないけれど、
けれど、
それが、僕が頑張ってもしょうがないことにはならなくて。

土俵は違うし、僕は僕で、彼は彼で、それぞれのものを目指せばいいというのは、それはそうなんだけど、そういう話ではなくって。
それは、諦めを含んでいるから、そうではなくって。
勝負とか競争ではもちろんない。
なんだろ、今、僕が彼と会う機会があったら、きっと恥ずかしく感じてしまうと思う。
そういうこと。

えーえー、それでも、僕は僕で頑張りますとも。
しばらく、ふてくされながら。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-07-17 01:06
【クロースアップマジックライブ@COKAGE】
2010年7月24日(土)PM16:30開場 PM17:00開演
料金:\2,000(1ドリンク付き)
場所:COKAGE(http://cafe-cokage.net/)
予約は不要ですが、一応、shota@magician.jpへメールもらえると有難いです。

今、アルパカを描いているsui さんの作品が展示中で、25日が最終日なので、コラボレーションっぽいことをします。

アルパカ、パカパカ。
僕のマジックもそうですが、アルパカを観に来るのでも、そしてついでにコーヒーを飲むだけでも十分のんびりできます。

僕ものんびり、ぽつりぽつりとマジックしようと思います。

要は、のんびりとアルパカの作品群と、美味しい飲み物と、マジックが楽しめる土曜日17時になる予定です。

ライブ終了後も、もしかしたらぽろっとほろっとマジックをするかもしれません。
なので、みんなでのんびりご飯でも食べましょう。

思いついたのだけれど、今回は「のんびり」をテーマにしたいと思います。
たぶん。

どうぞ、お誘い合わせのうえ、お越しください。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-07-14 22:57

ブルッシー

劇団リジョロ、じゃなくて、激団リジョロの舞台が12日まであります。
その告知です。
僕は出ません。
僕は日曜日に観に行きます。

制作に携わっている佑木 瞬さんが日記に、
『こんなことをやってるのはうちしかないでしょう。』
と書いていて、
きっと新しいことを、誰もやっていないことをやってくれるんだと楽しみです。

新しいことをやること。
誰もやっていないことをやること。

僕もマジックに取り組むときに大事にしています。
したいと思っています。
個人という単位では、それは「他にはない」のでしょうが、
作品という単位でも、「他にはない」ものを。
そして、観てくれる人が、「他にはない」と思ってくれるものを。

「他にはない」個人が、
「他にはない」集まり方をして、
「他にはない」作品を作るのだから、
「他にはない」ものが観れるのは間違いありません。

~~~~~~以下、応援告知~~~~~~


激団リジョロ第14回公演『ブルッシー』
http://www.rigolock-hitman.com/

夜が、ゆっくりと降りて来る。苦しまんで済むんやったらな。
暗いまんまで終わってもうても、別にエエねん。
大阪城公園の“ブルーシート”を描いた激団リジョロ×ホームレスのハードコア演劇!
現在中毒者続出の圧倒的なライブ・ステージ!

演出/脚本 JIN

コージ
藤村サキ
テキサス平野
鈴木桜花
び~ば~★笑平
前田圭一
斉藤このむ(劇団とりとんくん)
サンコン(劇団とりとんくん)
金光仁三



2010年7月8日(木)~12日(月) 全7stage

8日(木)19:00~
9日(金)19:00~
10日(土)14:00~、19:00~
11日(日)14:00~、19:00~
12日(月)14:00~
*開場は開演の30分前になります。
*毎公演15分前よりふんどしアーミーによる前説ショーあり。

チケット料金:前売券2,500円 当日券3,000円
学割 (専門・大学生まで)1,800円
※受付にて学生証の提示をお願いします
       (全席座席指定・最前列は特別マス席)

場所:新宿タイニィアリス  〒160-0022東京都新宿区新宿2-13-6-B1
[PR]
by alone-in-sky | 2010-07-08 22:20

大きな流れと小さな流れ

続けて、続けて、その先には何があるのだろうって、たまに考える。
その先も、そのまた先も、ただ続いていくだけなのだろうけど。

たくさんのことが、ずっと続いていて、どこかに向かうわけでもなく、こうして続いているのは、不思議なことの気がする。

止まってしまえばいいのに、辞めてしまえばいいのに、と思うけど、もう止まることなんて、辞めてしまうことなんてできないくらいに大きな流れになっていて。

宇宙がなくなる、くらいの大事件がない限り、この大きな流れは止まることはないんだろうなと、ちょっぴりSFちっく。

タカノ綾さんの本を眺めていたら、SFを読みたくなった。
SFって、全然読んだことがないし、あまり興味もなかったけど。

大きな流れは止まらずとも、小さな小さな流れには、必ず終わりがあって、平等に終わりがあって。
大きな流れを止めないようにと意図しているわけでもなく、小さな流れは別の小さな流れを生んで終わっていく。

6月が終わって、7月が始まったので、僕も何かを終えて、何かを始めようと思います。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-07-04 22:12