マジシャン 東京大学出身 1988年1月23日生まれ shota[@]magician.jp


by alone-in-sky
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ようやく告知ができます。
横浜みなと町ギャラリー(関内駅から徒歩1分)にて、クロースアップマジックのライブをします。

【クロースアップライブ vol.1 @横浜みなと町ギャラリー】
日時:5月23日
時間:14:00~/16:30~
料金:2000円
場所:横浜みなと町ギャラリー(http://www.geocities.jp/kentoku_gallery/html/map.html)
予約:shota@magician.jpへお名前と人数とご希望の時間をお送りください。
※各回とも10名程度です。
※参加者全員に僕のライブのポスターやら作ってくれている、かじぽん手作りの“あるもの”をプレゼントします。

このライブに向けて、ちょこちょこ準備を進めています。
今まで触れたことのない素材や、あまり考えたことのなかったテーマに取り組んでいて、思うように進まない半面、新鮮味があります。
場所も初めてなので、わくわく要素。
4月18日のJCMAでのソロライブや「本の森」に比べて、ラフに、音響や照明もほとんど全くいじらない、一般的な、普通のテーブルマジックをします。

それから、今回、友人のかじぽんが作った“あるもの”をプレゼントします。
“あるもの”と意味深ですが、単に作るものが正式に決まっていないだけです。
でも、きっと素敵なものを作ってくれると思います(プレッシャー)。
ライブにきた記念にでもなれば。
そして、後々ぼんやりとでも思い出していただければ。

まだまだ、先のことですが、7月、8月にはどこかもう少し大きな箱を借りて、50人くらいのキャパで「本の森」と似た形式のライブをしようと考えていて、なんとなくぼんやりとイメージも固まってきました。
タイトルもほぼ自分の中では決まっていて、あとは考えて、作って、練習して、見直しての繰り返しを進めていけばよさそうな気配です。
5月のライブや6月のライブで、取っ掛かりを作っておいて、それを発展させて臨むつもりです。

何にしても、誰かに良いと思っていただいて、価値があると感じて頂けなければ、評価してもらわなくては意味がないので。
どんなにあーだこーだ喚いても、ついてきてくれる人がいなくては価値があるとは言えないのではないかと。
シビアで、冷たいのかもしれませんが、本当にそう思います。

今までは、「自分のしたいことだけをしたいようにして、結果として観てくれる人がついてきてくれればそれでいいや」くらいの考えが僕の頭を占めていましたが、3月頃から「それは違うんじゃないか」と思い始め、「やっぱり観てくれる人のことを考えて作らないと」と今は考えるようになりました。
「自分」と「観客」とどっちか一方に完全に傾くわけでなく、あくまでそこはバランスなのですが、今は「観客」の方に傾きかけています。

そんな自分の中の変化も楽しみつつ、精進します。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-04-27 23:51
4月18日は、JCMAサークルでソロライブをさせていただきました。
途中、トラブルもあったと言えばあったのですが、そんなこと以上に、みんな、観てくれる体勢で、視線で反応してくれたことが嬉しかったです。

基本、マジックをしている人が集まるサークルなので、普段はマジックをしない方はいらっしゃらないのですが、今回は何人かそういう方もいて、まだマジックはしたことがないけれどこれからマジックをしようという方もいて。

感想もたくさん集まりました。
感謝です。

そんでもって、観てくれていた高校生に声を掛けられて、今度、その高校の手品部にマジックを教えに行くことになりました。しかも、この高校、実は以前一度マジックをしに行ったことがあることが判明しました。よろしく。

女の子から素敵なプレゼントを頂きました。
フォトクリップとちょっと変わったペットボトルと。
感謝。大切に使います。

mixiでJCMAの会長が的確な批評を書いてくれています。
それ以外にも方々で、いろいろ話題にしてくれている方もいて嬉しい限りです。

今回は、カップ&ボールと幼い日の思い出と時間と。
「本の森」で、70分、80分の手順を作らなくてはいけなくて、飽きさせずに魅せるにはどうすればいいかと考え続けている過程のひとつが、現段階の「幼い日の思い出」や「透明人間」、「時間」だったりします。
そして、飽きさせないためのマニュアルも少しずつ自分の中に蓄積されてきました。
あと3年くらい続ければ、ちょっとは何か見えてくるんじゃないかと楽観しています。

だからといって、「本の森」のようなライブだけがしたいのかというと、決してそうではないし、「本の森」のようなライブだけができるマジシャンになりたいかというと、全くそんなことはありません。
タマリッツのようなマジックショーができるようにもなりたいし、ホッピングもうまくなりたいし、そしてそれは「本の森」とは全然違ったものであることは重々承知です。欲張りなのかもしれませんが、全部できるようになりたい。
ホッピングやパーティなんかにお呼ばれしてマジックをする機会もちょこちょこあるので、そっちの方はそっちの方で鍛えていくつもりです。

でもメインはライブでやりたいなぁ。

新しいことをしなくてはいけないと思っています。
あまり詳しくはないですがダンスの世界でも新しい試みはどんどんなされているし、他の舞台芸術、映画でも漫画でも何においても何か新しいことをしようとしている人がたくさんいます。
どの分野においても、人と同じでは価値がないし、低いし。
どこかで人より良い部分がないと、どこかで人より練習して考えないと、価値は生まれないし、低いし。
そして、まず何より実際にやってみること。
そんなもんだと思います。

さてさて、浅野いにおさんの作品集を買いました。
未発表の作品も掲載されているので、ゆっくり読もうと思います。
Youtubeで映画「ソラニン」の予告を何度も何度も観ています。聞いています。

借りているDVDも観ないと。
2作品。

そして、自分のやることやらなくちゃ。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-04-22 01:05

新歓にて。

11日、日曜日は夕方から久しぶりに駒場に行き、奇術愛好会の新入生歓迎会で17分ほどマジックをさせてもらいました。

新入生(マジック経験者も未経験者も含めて)に何を見せるべきか、ぐつぐつ悩んで、迷ったのですが、結局「幼い日の思い出」に決めました。
「きっかけ」、あるいは「はじまり」みたいなものがテーマとして含まれているし、僕の現段階での持ち駒の中では適当かなと。

最初のマジック:不思議な現象が起こるまでに5分ほどかかるので、「幼い日の思い出」だけを単体でどかんと持ってくるのは、ちょっと心配だったのですが、それなりに楽しんでいただけたのではないかと感じています。
「幼い日の思い出」はライブでもやっているのですが、やっぱりライブとは状況が違うので。
自分の中でがっつりとした手応えを感じられて嬉しかったです。何も知らされずに、僕のことを知らずに観に来た人に楽しんでもらえるのだなという手応えを。

マジックをしなくても、ステージに堂々と立っていられるようなマジシャンになりたいのです。
どうしても、マジックをしていないと不安になってしまうので。
だからといって、マジックの比率が下がり過ぎるのも問題だとは思いますが。

それに、話すスピードが速くなったり、動作がスムーズにいかなかったり、改善しなくてはいけない点はたくさんあるっちゃあるので、こっちもきっちり詰めなくちゃいけません。

それにそれに、未だにマジックをする前に全然ご飯がのどを通らないし、たた17分マジックをしただけでも、家に帰るとかなり体力を消耗しているし、どうもこのあたりのセルフコントロールが苦手です。というか、できません。
7割くらいの力で、100%のものを見せられるようになりたいのに。
経験なのだろうか。うぅぅむ。

音響、照明、その他いろいろと手伝ってくれた方々、観てくれた方、本当にありがとうございました。

一つ一つ、きっちり良いマジックなりライブを積み重ねていくだけなんだなと最近思います。妥協したり、「これでいいや」での経験は、ほとんど意味がないなと。

少しずつ、良いものに磨いていく。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-04-13 20:04
さぁさぁ、4月も10日が過ぎようとしております。

今日は家にこもって、コツコツしておりました。しておりましたが、疲れたのでミスドでポン・デ・シリーズを買い込んで、ついでに牛乳屋さんのミルクティを買って参りました。

c0183711_20514052.jpg


さてさて、明日は東大の新歓でマジックをいたします。
僕の持ち駒で、何をするべきか、散々悩んだ挙句、「幼い日の思い出」に決めたわけでございます。
「幼い日の思い出」は久しぶりなので、楽しみでございます。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-04-10 20:51

『3月のライオン』4巻

ついに出ました!
羽海野チカさんの「3月のライオン」の4巻!
どんなに待ち侘びたことか。
勢い余って、ヤングアニマルまで買ってしまったぜよ。
ポストカードが5枚もついていたぜよ。
4巻の続きが読めるよぜ。

今回もぐはーとなって、うぅぅとなって、うんうんとなって、はぁぁぁとなって。
揺さぶられて、納得しての連続でした。
元気を、力をもらっているなぁ。
羽海野チカさんの漫画を読める時代に生まれて幸せだ。
僕ももっと頑張らなくちゃ。
恥じることのないように頑張らなくちゃ。
自信持てるように頑張らなくちゃ。

c0183711_3322789.jpg

[PR]
by alone-in-sky | 2010-04-10 03:32

速乾、羣青、中途半端

今日はものすごく天気が良くて、洗濯物が速乾。布団も久しぶりに外に出した。
牛乳屋さんのミルクティが美味しくて美味しくて、そういえばしばらくコーヒーメーカーを使っていないことに気付く。

漫画家・中村珍さんの「羣青」を読んで、その凄まじさ、念?、思念?、魂?、そんなものが、絞りに絞り出したエネルギーのようなものが、濃厚に込められている凄さにあっとなった。
彼女のブログも凄くて、漫画と同じような「何か」に溢れていて、「苦労しているんだな」とか「どこも厳しいんだな」なんて軽々しい言葉は言えない、ただ「うぅぅぅ」となるだけ。

ここしばらく、満足のいくマジックを作れなくって、どれも中途半端。
いや、今までのだって「満足な出来か?」と言われれば、「こことそことあそこをもう少し練りたい」と決して満足ではなかったし、ないのだけれど、一応現段階での自分の中のある線を越えていて、ライブやら何やらでやってみたいという気持ちが湧いていた。
その点、ここしばらくは、前に進めない感に包まれていて、どうしようもない。
作りたいもののイメージみたいなものだとか、言ってみたい台詞、作ってみたい構図、みたいなものは多々あって、次はこれとこれとこれを完成させようとほとんど決まっているのに。うまくいきそうな予感だけあって、予感のまま。収束しないか、落っこちちゃうか。
うぅぅぅ。

なので、ここはひとまず古いものに目を向けようキャンペーンで、「クラシック」と呼ばれているマジックを練習してみよう、勉強してみようと思い立つ、ということをしてみた。
そしたら、ぽつぽつ面白そうなものが見つかって、「よっしゃ」と舞い上がったけれど、いざ手順に落とし込もうとすると、やれ道具が必要だとか、やれつじつまの合う演出が必要だ、やれハンドリングを修正しなくちゃいけない、やれやれでやっぱり大変だ。

それでも、やるしかないのでやります。

今、
良いものを見分けるための選択眼が欲しい。
即興的な力を身につけたい。

そういえば、4月9日は、羽海野チカさんの「3月のライオン」の4巻の発売日だ。
それまで乗り切ろう。

c0183711_0245184.jpg

[PR]
by alone-in-sky | 2010-04-07 00:24

4月始まって

うわぁ、4月が始まってしまった。

アンティークの「天使のチョコリング」を召し上がってしまいました。
でかいし、うまいし、最高でした。普通に食べてもいいし、アルミホイルに包んでオーブントースターで焼いても美味しいし、サイトも面白いし。
ドーナツって美味しいなぁ。
そういえば、まだクリスピードーナツを食べたことがないぞ。
なんだかんだで、「今度でいいか」と思い続けて今に至っている。
次は、猪突猛進な勢いで迫ってみようと思います(宣誓)。

新宿御苑にお花見に行って参りました。
おにぎりをにぎにぎして。
芝生に寝転がって、本などを読んでいると、太陽がぽかぽか照ってきて、久しぶりにほのぼのな気分を味わいました。

c0183711_3122650.jpg


c0183711_3124737.jpg


4月のライブ、何をしようか迷っております。
構成はしっかりした方がいいのかしら、何をしたらいいのかしら、自分は何がしたいのかしら、誰が見に来るのかしら、と迷っております。
楽しみながら、迷っております。

明日は、トレモロイド主催のライブに行って参ります。
下北沢です。
[PR]
by alone-in-sky | 2010-04-04 03:13
ソロライブをします。

【入江田翔太クロースアップソロライブ】
出演:入江田翔太
日時:4月18日 1:15~
場所:池袋 サンシャインシティ文化会館 7F
料金:大人2000円、学生1000円、18歳以下無料


4月はどこで小さなソロライブをしようかと考えていたら、有難いことにJCMAの会長から「今度のサークルでソロライブをしませんか」と相談のメールが来たので、即決。

内容はぼんやりとしか決めていませんが、新旧の作品を織り交ぜての1時間くらいのライブにするつもりです。

お時間のある方、ぜひぜひお越しください。

~~~~~~~~~~~以下、mixiでの紹介~~~~~~~~~~~
4月のマジックサークルは、「Stars of Tomorrow」
というタイトルでおおくりします。
毎年4月には、文字通り「将来のスター」となる方々をお招きして、
素敵なショーを行なおう、という企画です。

今年は入江田翔太さん、お1人だけをお招きして、たっぷり1時間、
彼の世界観を堪能してみたいと思います。
題して、

【入江田翔太クロースアップソロライブ 】

入江田さんと言えば、2008年8月と、2009年2月のチャレンジャーズライブ
で連続の金賞受賞、プラス、ピープルズ・チョイス・アワードについて
も連続受賞を果たした、若手実力派マジシャン。

さ・ら・に、韓国で開催されたFISM ASIAでも
クロースアップ部門第2位、さらに、2009年7月にアメリカで開催された
S.A.M.のコンベンションでもクロースアップ部門のコンテストで優勝
されています。

最近では独自のライブ活動を行っていらっしゃいます。1ネタ、2ネタ、
見せる、ということではなく、起承転結がある、まとまりのある「ショー」
を創作されているところを高く評価すべきと思っています。

特に若い方々には是非ご覧頂きたい。

なんたって、マジックサークルは、18歳以下(高校生以下)の
方々は参加費が無料です!是非、この機会にマジックサークルに
足を運んでみて下さい!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by alone-in-sky | 2010-04-02 13:56