マジシャン 東京大学出身 1988年1月23日生まれ shota[@]magician.jp


by alone-in-sky
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

気のせいとスペインと

ホームページを少しだけ更新した。
本当はもっともっとしたいことがあるのだけれど、まぁぼちぼち。
ちょこちょこ動画を撮ったり。いずれ、ホームページに載せる用のものを考えつつ。

次に創ろうと考えているテーマなりなんなりはあるのだけれど、うーん、微妙に全体像が見えてこない。
そもそも、何がしたいのか分からないのだろうなぁ。見えてこないのは、きっとそのせいだと思う。
見えるときは、ぱっと見えてくるのに。不思議だなぁ。

10月4日に、埼玉のにじ屋でマジックをするのだけれど、そのにじ屋の発行している機関誌にマジックの素晴らしさについて記事を書いて欲しいということだったので、ぱちぱち打って、送りました。
普段、頭の中でなんとなく考えていることを、無理にでも言葉として出力しようとすることで、なんとなくの考えがはっきり見えてくるような気がする。
はっきり見えてくる気がするのは、言語化でなんとなくの考えの大部分が切り捨てられているからだと思う。そして、案外、この切り捨てられた部分に大事なことが含まれていたりする気がする。
気がしてばかりだ。

TRANSIT3号のスペイン、ポルトガル特集を読んだら、ものすごく行きたくなってきた。
スペインの空気に触れたい。

c0183711_4443585.jpg

[PR]
by alone-in-sky | 2009-09-18 04:44

やる気がないとき

今日は朝起きてから、全くもってやる気が湧いてこないので、カードを触っては離し、触っては離しで、ほとんど何もしなかった。
たまに、こんなやる気のない状態が訪れて、それはどうして訪れるのか未だにはっきりとは分からないのだけれど、たぶん頭からの「ダラダラしろ」っていうサインなのだと思う。
今、自分の中で創りたいものはあるのだけれど、どうも全体像が見えてこなくって、海の中を歩いているような感じだ。
ずっと、何か、何かを考えていたから、いったん離れろってことなのだと思う。
離れるといっても、1日くらいだけれど。
たぶん、眠ったり、眠って夢を見たりするのと、同じことなんじゃないかなぁ。

それでも、マジックをやりたい気持ちだけは滾っていたりする。

10月4日に、埼玉でマジックライブをしますが、その後か、もしかしたら9月の下旬くらいに、また人を集めてライブをしようかなと考えています。
今回は、僕の他に、数人マジシャンを集めようかなぁと。
たぶん実現するので、お楽しみに。
c0183711_1725.jpg

[PR]
by alone-in-sky | 2009-09-15 01:07

BIG RIVER

昨日の夜、眠い目をこすりながら、「BIG RIVER」を観た。
ワンシーン、ワンシーンが写真のような構図で、背景も、空気感もすごく美しかった。綺麗だった。
海外の監督だと思ったら、船橋淳さんという日本の監督さんだった。
なんだか、写真集をぱらぱら見ているような映画だった。


マジックをいろいろと整理してみた。アクトとして演じられるものは、コーヒーアクトをはじめとして6つくらいあるので、これらの完成度をあげつつ、今年中に演じられるアクト数10を目指そうと思います。

うまくいけばいけそうだなぁと楽観。


ショーアップした状況でのアクトだけではなくて、ホッピングスタイルのものもちょこちょこ作っていこうと最近、試行錯誤しています。

ライブと、ホッピングじゃ全然勝手が違うので、それぞれの方向からアプローチをしていかなくてはいけないと思っています。

どんな状況でも、最高のものを見せることができるようになるには、もっともっと勉強しなくちゃいけないし、もっともっと練習しなくちゃいけないし、もっともっと実践経験を積まなくちゃいけないのでしょう。

今後、やることをリストアップして、ぼちぼち進めようと思います。


c0183711_22381137.jpg

[PR]
by alone-in-sky | 2009-09-13 22:35

すげぇ、よい

最近、練習しているテクニックがあって、創ろうかなぁと思っているアクトが2,3あって、実践で何度も経験を積みたいって思うマジックが3つほどあって、読んでいるマジックの本が2冊あって、もしかしたら割と充実した形でマジックと関わっているのかもしれないなぁと。

そうそう、Blue Manを観てきました。
もうすぐ千秋楽なのでね。

一緒に行った彼女は、2回くらい「グリーンマン、楽しみだね」と言っていました。グリーンマンは僕です。

Green Manではなく、Blue Manですが、なんというか、もう好き放題やられて、そのまま放置プレイ、みたいな。
「面白かったか?楽しかったか?」と聞かれたら、「面白かったし、楽しかったよ」と答えるのだろうし、良いものを観たなという気持ちはあるにはあるのだけれど、どうも納まりがが悪いのです。
ZEDを観たときは、ただただ単純に「良かった」と気分の良いまま家路につけたのですが、なんだろう、この差は。
たぶん、Blue Manは自分たちが楽しいと思うことを思う存分にやっていて、その結果観客が楽しもうと楽しまないだろうとあまり気にしていないんじゃないかなぁ。
観客の楽しさよりも、まず自分たちの楽しさがあるんだろうなぁ。

なんというか、僕と一緒だ(笑)

僕は、Green Manだと教えようと思ったけれど、やめておきました。


今日、「NARA NOTE」を読んだ。
すげぇ、よい。
「喜怒哀楽を一直線に感じて生きるのは、難しい」とか「だって、好きだから。それ以外に理由はない」とか、うん、すげぇ、よい。
奈良さんの絵を観た後に、奈良さんの言葉を読むと、この人にして、この絵だと、あぁなるほどと、胸の中でストンと落ちるような感覚に陥る。

世界には、良いものがたくさんある。
そんな良いものにたくさん触れて、僕も良いものを創ろうって気持ちになる。

この流れ、すげぇ、よい。
c0183711_2392775.jpg

[PR]
by alone-in-sky | 2009-09-12 02:39

ネットテレビからあけて

国立新美術館で昨日まで開催されていたルネ・ラリック展の招待券をある方から頂いていたので、昨日、最終日だったのですが、慌てて行ってきました。

ジュエリーの世界とガラスの世界と。

ルネ・ラリックも良かったのですが、図書館で野口里佳さんの写真集を観て、彼女の写真、いいなーと思いました。
野口里佳さんは、ちょうど今、国立新美術館で「光」というタイトルで松本陽子さんと企画展をやっているので、また今度観に行こうと思います。

それから、その夜、ネットテレビを観てくださった方、ありがとうございました。
4時間でしたが、あっという間でした。
田所治彦さんは、放送中もそうでないときも、ものすごく良い方で、本当に楽しかったです。
彼が、自身のブログで書いているように、帰りに将来のこととか、目標とか、そんなことを延々と語りあいました。
同世代で、同じ歳で、分野は違うけれど、頑張っている、努力している人と会うのって、すごく刺激を受けます。

それから、彼は、11月から12月にかけて、一人舞台を日本中駆け回ってするそうですが、21歳でそういうことに挑戦する姿勢というかスタンスを持っていることが凄いことだと思うのです。
一人舞台は、全ての責任だとか、反応がなかったらどうしようというプレッシャーだとか、そういうものを一人で背負って舞台に立たなくてはいけない分、相当なエネルギーを使うと思うのです。
もちろん、舞台裏で支えてくれる方々がいますが、それでもやっぱり舞台の上では独りなのです。

たくさん勉強して、たくさん練習して、たくさん考えて、たくさん食べて、ちゃんと眠ろうっと。
c0183711_19473855.jpg

[PR]
by alone-in-sky | 2009-09-08 19:47

緊急告知

今日の夜、急ですが、ネットテレビに出ます。

田所治彦さんという俳優さんの番組です。

23:00~3:00の4時間。

http://jiqoo.tv/

深夜ですが、お時間のある方はぜひ観てください。

まだ、どんなことをやるのか、はっきりとはわかってはいないのですが、楽しんできます。

ではでは。
[PR]
by alone-in-sky | 2009-09-07 19:53