マジシャン 東京大学出身 1988年1月23日生まれ shota[@]magician.jp


by alone-in-sky
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

時差ぼけ

ようやく帰国しました。

やっぱり日本とアメリカは、風景も空気も食べ物もサービスも全然違うことを、空港から家に帰るまでに肌で感じました。

4月にアメリカに行ったときのように、時差ぼけで眠れないまま朝を迎えています。もう4時過ぎには外は明るくなっているのを横目で見て、あぁもう夏なのだなぁと思いました。
一晩眠ったら、優勝したことがなぜか遠いことのように思えてしまって、良い意味でそんな事実はもうどうでもよくって、また新しい何かをしたくって、落ち着きません。

アメリカで購入した本をぱらぱらと眺めているだけと、次のワンマンライブでやりたいものが、3つも4つもぽんぽん浮かんできます。
この内の1つくらいは、次のワンマンライブですることになると思います。

また、フェスタ飯倉でワンマンライブを企画してくださっている杉浦様から、「こんなマジックはどうか?」という提案を頂いたので、そっちの方からも1つ新しいものをしようと思っています。

おそらく、今回も5つか、もしかしたら6つのテーマで構成されたライブになるのではないかと思います。

それはそれで考えながら、今度はFISMです。
26日に北京に向けて、日本を立ちます。
死ぬほど、楽しんでこようと思います。
[PR]
by alone-in-sky | 2009-07-22 06:01

S.A.M

アメリカからです。明日日本に帰ります。

コンベンションなので、たくさんのマジックを見ることが出来たし、たくさんの人と再会して、そしてまた新しく知り合うことができました。
こんなにもエンターテイニングで、スリリングで、エキサイティングな経験ができたのもマジックのおかげです。
小学生とか、中学生くらいの子供も普通に参加していて、「Show me something」なんてリクエストされるので、僕がマジックをすると、向こうも見せてくれる。「Do you have business cards?」なんて言う子もいるし、「Please teach me something」と頼む子もいて、子供に限らず、年齢も国籍も全然違う、たくさんの人間が集まっているのだけれど、みんな、マジックが好きということだけは共通していて。
そういうのって、なんだか凄いなぁと当たり前に感じました。
子供がこんなふうにマジックと関わっているのって、日本では、なかなか見ない風景だなぁと。

コンテストに参加して、僕のマジックを5回も演じました。
観客の反応もものすごくよくって、立ってくれる人も何人かいて、本当に楽しくマジックができました。
しかも、なんと、じゃじゃん、優勝しました。

そして、終わった後は、本当にたくさんの方に声をかけていただいて、「Could you give me your autograph?」なんて言われたり、写真を撮ったり。
生意気な言い方かもしれないけれど、自分のマジックが世界で通用する、という実感をかなりの強さで得た気がします。同時に、まだまだいける、というスペースの存在も感じさせられました。自分の中でまだ余力(なんの余力だ(笑))があるような、そんな感覚なのです。
別の言い方をすると、うーん、マジックをして、最後に泣いてみたい、涙が出るくらいにマジックをしてみたい、そんな感覚です。

今日はこっちで買ったマジックの本をゆっくり読もうと思います。
[PR]
by alone-in-sky | 2009-07-19 23:07

8月にもワンマンライブ

7月4日に行われた単独ライブですが、8月にも凱旋ライブとして開催することが決定しました。
現段階で創りたいマジックもいくつかあるし、前回やむなく外したマジックもあります。
また、アメリカ、中国と立て続けに、世界を相手にマジックをしてみて、何か得るものも、吸収するものも、変化するものも、たくさんあると思います。また、すぐに出るものも、時間をかけないと表には出てこないものもあると思います。
そういうものを全部踏まえての凱旋ライブにしたいと思っています。

2009年8月15日(土)19時~20時
【入江田翔太単独マジックライブ】
先着10名様
場所:フェスタ飯倉
PCから~http://www.festa-iikura.com/
携帯から~http://www.festa-iikura.com/m/
料金:3,500円
観覧申込期限:2009年8月10日(火)
観覧をご希望の方はsugiura@festa-iikura.com へメールにて、もしくは 03-5570-1500
へお電話にてご予約下さい。

今回も前回同様、人数制限があるので予約はお早めにお願いします。場合によっては、前回のように11人になるかもしれませんが。

気がつけば、あと1週間もしないうちにアメリカに出発です。
当然と言えば、当然なのですが、自分のマジックをしてきます。
存在証明してきます。

先日、FISMに一緒に出場するさとるさんと練習していたら、ワンピースの話になって、「入江田君って、ルフィに似てるよね」と言われました。
そのせいか、急にワンピースを読みたくなって、CP9との戦いのあたりを読み返したりなんかしています。
そのせいか、なんだかもりもりやる気が出てきています。

そう、アメリカでは、立て続けに5回も演技をしなくてはいけないのです。
体力勝負だなぁと。
昔、陸上をやっていたのを思い出します。
演技が終わった後は、死んでもいいので、やるだけやってやろうと思います。

忘れ物はしないようにしないと。
[PR]
by alone-in-sky | 2009-07-08 16:14

ワンマンライブ

今日は、ワンマンライブでした。

観に来てくださった方、本当にありがとうございました。
マジックは、マジシャン自身がどんなに凄いテクニックを持っていても、魔法としか思えないようなことができても、それだけでは意味がありません。
マジックは、観客の心(頭)の中で起きていることなので、観客がいないとマジック自体、存在しえません。
そういうことを、改めて考えさせられました。

11人という少人数で、あの小空間で、1時間、マジックができて本当に楽しかったです。観客の方も、きっと楽しんでくれたと思いますが(希望!!)、僕自身も最高に楽しかったです。
観客がぐるりと180度取り囲んだ状態で、観客はもちろん座って、僕もほとんどの時間、座ってマジックをしました。
なぜって、立つより、座った方が、親近感が湧くってTommy Wonderも言っているでしょう。

何より、今回やってみて、何か手応えのようなものを掴んだ気がします。
理由は、構成だとか、時間は1時間だとか、ワンマンライブだとか、いろいろありますが、とにかく、何か掴めた気がします。
気がするだけでないことを祈ります。

構成に関して、ものすごく悩んだ挙句、あの構成になりました。『あの』、というのは以下。

1.【Number Eighteen : マジックにうってつけの日】
2.【Secret of Cards : 犬笛に代わるもの】
3.【Beloved : そこにあり続ける】
4. 【Silent night / Dream or Imaginary:幼い日の思い出】
5.【Time & Space:不可視な空間移動の可能性と、過去に戻り、さらに過去を変えることによる未来への影響についての実験的研究】

1時間、5つのテーマ、というかルーティンで組みました。題名だけでは、内容は分からないと思いますが、観た方は分かると思います。そして、たぶん、言葉を見たら、内容をある程度、思いだせるのではないかと。

全部カードマジックです。それぞれ、10分から15分程度。1時間。正確には、途中で7分間の休憩をはさんだので、50分ちょっとですが、飽きずに観ていただけたら嬉しいです。
1時間、カードだけで(小道具として、指輪ケースとか、ドビュッシーの「月の光」とか使っていますが、全て、カードがメインです)観客を飽きさせずに、もっと積極的に、楽しませられないかと考えた結果が、『あの』内容です。

また、8月にも開催する予定なので、今回観に来て下さった方も、まだ観たことのない方も、ぜひぜひ。

最後に、今回のライブの運営に関して、何から何まで、裏の部分でサポートしてくださったフェスタの杉浦様に感謝します。
[PR]
by alone-in-sky | 2009-07-05 00:25

7月のこと

最近のおはなし。
羽柴麻央さんの『私日和』を読みました。羽柴さんの絵も好きだし、ストーリーも好きです。この世界観が心地いい。そういえば、羽海野チカさんの『3月のライオン』の3巻はいつ頃出るのだろう。
ついこの前から、椎名林檎さんのアルバム、『三文ゴシップ』をずっと聴いています。加えて、シングルの『ありあまる幸福』も。

マジックのおはなし。
6月26日の工学院でのライブ、観に来てくれた方、どうもありがとうございました。
僕はSAMに向けて、英語で演技させてもらって、観客の方の反応やら拍手を受けながら、楽しくマジックができました。
マジックは、観客と創っていくものだなぁと改めて感じた一日でした。

最近は、もっぱら、ワンマンライブとSAMとFISMに向けての準備でわーわー言ってます。
7月が終わったら、僕はどうなっちゃうんだろうと思うくらい、7月は充実した月になりそうです。

その分、7月が終わったら、燃え尽き症候群に陥ってしまいそうですが、経験上それはないと断言、とまでは行きませんが9割方断言できます。
逆に、もっとたくさんのエネルギーをもらって帰ってくる気がします。

FISM ASIAのときも、FFFFのときも、実際にそうでしたし、何か良いもの、あるいは一流のものに触れたときは、大抵そうなのです。

もうすぐワンマンライブです。
初めは、観客の方が集まるか、心配だったのですが、きっちり11人集まりました。
本当は10人限定だったのですが、9人まで予約をいただいたのちに、2人の予約が入ったということ、それからもう一つ、どうせなら友達や恋人や家族と一緒の方が楽しいということで、このような形をとりました。
8月もワンマンライブをすることになりそうなので、今度からはあまり厳密にならずに、10人くらい限定のライブにしようと思います。

ライブのプログラムができたので、一部だけこっそり公開します。
『ここ1年弱、「マジックとは何だろう」、「マジックには何ができるのだろう」、「マジシャンはどこから来て、どこへ行くのか」、「マジシャンは一体何をしようとしているのか」と、そんなことをずっと考え続けています。
でも、これらの問いの核心的な答えが、見つかりそうな気配はほとんどありません。
ただマジックを通して、何かを経験するたびに、ほんの僅かで、ささやかではあるけれど、何かを掴んでいる気はするのです。
もしかしたら、核心的な答えは存在しないのかもしれなくて、それを探し続けること、問い続けることが大切なのかもしれません。
そんなことを、ぼんやりと思います。
今回のライブを通して、何か掴むことができたらいいなと思います。
そして、それを観客の皆さんと一緒に共有できたら、あるいは僕のマジックを観て、何かほんの少しでも感じること、伝わるものがあれば、こんな素敵なことはないなと思います。』

観に来てくれる方、お楽しみに。
[PR]
by alone-in-sky | 2009-07-01 16:56