マジシャン 東京大学出身 1988年1月23日生まれ shota[@]magician.jp


by alone-in-sky
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 183 )

いつの間にか11月です。
千葉に向かっております。

生きていて、あの瞬間、あのタイミングが節目だったなと認識している事件がいくつかありますが、一つも学校の行事とは重ならないのはどうしてでしょう。
あの人を初めて見たとき、ああいう経験をしたとき、うん、ひとつも重なりません。
大学に入ったときに、図書館に入って、僕はきっとここにある全ての本を読むことはできない、全てを理解することはできない、生きているうちに一瞬も認識しないものがたくさんあるという予感、そのときに選ばなくちゃいけないなと思ったのです。
あの瞬間も僕にとって節目だった気がします。
「何事も経験」かもしれませんが、何事もできません。
選ばなくてはいけないのです。

家の整理をして、たくさんのものを捨てました。
本当に必要なものは何だろうと。
一度は必要だと思って集めたものたち。
時間が経つと必要ではなくなったものたち。
それでも必要なものたち。

集めて、捨てて、集めて、捨てて。
あっちに行って、こっちに行って、向かって、追われて、分解されて、集積されて、
ずっとずっと同じことを繰り返しているだけのように思えます。
いったい、どこから来たのでしょう?
いったい、どこに向かっているというのでしょう?
どうして断ち切れないのでしょう?
どうして続いていくのでしょう?

たくさんの想いをのせて、この電車は千葉に向かっております。
[PR]
by alone-in-sky | 2011-11-13 20:50
10/31に名古屋で行われた「Night of the Mystery」、お越しいただいた方々、関係者の方々ありがとうございました。
感想や今後のことはまた後日詳しく書こうと思います。

そのときに、受けたインタビューが公開されたようです。
東海ウォーカーチャンネルです。
映像はこちら。


それから、今週、11/3、11/5、11/6はパナソニックセンターにて、
マジックと算数的な小噺を一つ交えたショーをします。
もしよろしければどうぞ。
詳細はこちら

今年も少なくなってきましたが、残りもコツコツ歩きます。
[PR]
by alone-in-sky | 2011-11-02 23:03

Night of the Mystery

情報解禁OKが出たので、お知らせです。

名古屋にマジック専門のシアターができます。

僕の大好きな都市、名古屋です。実は、名古屋大学を希望していました。
マジック専用のシアターの話とは、全く関係ありません。

さてさて、11月10日からプレオープンで、その記念イベントとして10月31日に、
「Night of the Mystery」というショーが開催されます。

舞台用の作品を一つはほぼフィックス。それから、まだ構想段階ですが、ひとつ新作を入れようかなと考えています。楽しい舞台になることでしょう。

c0183711_18264458.jpg

[PR]
by alone-in-sky | 2011-09-23 18:25
敬老の日です。
こんばんは。

マジックの話。
抽象的な話です。
人を喜ばせるってどういうことだろう。
人を楽しませるってどういうことだろう。
と考える機会がありました。
喜ばせること、楽しませることがマジックの目的なのかと言えば、それだけではないのですが、
それでもやっぱりそれは目的の一部なのでどうしても考えなくてはいけないのです。
マジックをして、同時に達成しないとならない要素がいくつかあって、それらの要素はある側面から見ると矛盾しているのです。そのいくつかの要素がうまくあわさって、最終的な目的を形成しているイメージです。
不思議よりも楽しさ、楽しさよりも不思議さ、そういう議論ではなく、「どれも同時に」なのです。
目的をひとつにすること、しかも、それを言葉で「これ」と限定することは簡単ですが、そういう話ではないと思うのです。
難しい。
難しいと考えるとどんどん難しい気が増すだけなので、
難しいって思い込んでいるだけで単純なことなんだけどねと考えるようにしています。最近。
単純なことなんです。本当は。
単純だけれど、やっぱり簡単ではないのですが。
話は飛びますが、まだまだ分からないことがあるので、続けていられるのかもしれません。マジック。

机の話。
昨日も書きましたが、机が大好きです。
もう一つ、大きな机を買おうかしらと思って、webの世界を徘徊しています。
青山あたりの素敵お店に探しに行こうかしらと想像するだけでわくわくします。
新しいノートを広げたときの気持ちに似ています。
自分をわくわくさせてくれる道具を見つけることが大切だなと。

最後に、机に関する僕の好きな動画をひとつ。
Desk - Music and Sound Design
[PR]
by alone-in-sky | 2011-09-19 20:46

マイブーム、bills、余裕

最近、マイブームなつぶやきがあって、思いつくままにつぶやいていたのですが、
自分の普通なつぶやきに混ざってしまうのは見にくいな、綺麗じゃないなと思って、
2つのTwitterアカウントを作りました。
【虚構名言】
http://twitter.com/#!/nainaiword
【ないない遊び】
http://twitter.com/#!/nainaiplay

いつまで続くか分からないマイブームですが、まだしばらくは続きそうです。
面白そうと思った方は、たまに覗いて下さい。
遊び以外の何物でもありません。
が、この蓄積を、あるいは蓄積の一部を、近い将来、マジックに反映できるかもしれないという甘い予感があります。
僕の場合、こういう思いつきが新しい演技を、マジックを、作品を作ることの基礎になっている気がします。
大切にしないと。

c0183711_18523170.jpg話は飛びますが、
billsというレストランに朝食を食べ行きました。
「世界一の朝食」というコピーで有名だそうです。世界一かどうかは分かりませんが、リコッタパンケーキとスクランブルエッグを頂いたのですが、美味しかった。
広いし、海は見えるし、ちょうど案内された机が僕の好みだったし。
誰かを連れて行きたいお店の仲間入りです。
大きな机が欲しいなと思いました。うちには、既に4つの机があるので、どれか捨てないと新しいのは厳しいかも。
容量がいっぱいな場合、新しいものを取り込むには、古いものを捨てるか、容量を増やす意外に方法はないのですね。あなたならどちらを選択する?みたいなことを考えて、虚構名言になるのだなぁ。
もっと考えたら、古いものを整理する、圧縮する、収納配置を見直す、あるいは新しいものを取り込む必要性を疑うまで、いろいろあるよね。みたいなことを考えて、また虚構名言になるのだなぁ。しみじみ。c0183711_18531921.jpg

そして、昨日Amazonから本が12冊届いて、読むものがたくさんあることが嬉しい。
読みたいけれど、一度には読まない。無理をしない。明日に回す。中途半端な状態で、次に移ることができる。
そういうのを余裕と呼ぶのかもしれないなと最近思います。
今日中にどうしてもここまでやり切らないと気が済まないという気持ちでやり切ってしまうのは、時間的には早くやり切れるのかもしれないけれど、結果として精度や完成度が低くなったり、体調ややる気に悪影響が出やすいということが最近分かってきた気がします。
「どうしても」という時点で、既に余裕を失っているので、やっぱり大事なのは余裕だなと。

こうして、急にブログを書いて、内容を詰め込み過ぎて、何が書かれていたのか読み終わった頃には忘れてしまうような余裕のない更新は今後はないようにしたいと思います。

P.S.(←使ってみたかった)
10月は鹿児島に名古屋にマジックのショーで行くことになりました。
詳細は後日、余裕ある形で告知します。
お会いできる方、お会いしましょう。
[PR]
by alone-in-sky | 2011-09-18 18:53
お久しぶりです。
前回のブログが1ヶ月以上経ってしまっている事実にびっくりしています。

ソロライブ【Cut】のこと。以下、ホームページから引用。
『 1週間過ぎてしまいましたが、ソロライブ【Cut】、お越し頂いた方々、ありがとうございました。それから、場所を提供してくださったAPOCシアターさん、ありがとうございました。そして、スタッフの皆、どうもありがとう。「ひとり」が、ある意味、主題だったのですが、実際は僕一人でできることってのは小さな小さなことしかなくて、観客の皆さんも、APOCシアターも、スタッフもいてこそ、できたことだと思っています。そして、それはきっとこれからも変わらないのでしょう。 今日から8月です。いろんな話があります。いろんな構想があります。自分に出来ることを、自分にしか出来ないことをひとつひとつの所存でございます。2011/07/31』

それから、小さなマジックショーもありがとうございました。
来月は9月17日です。
小さなマジックショーですが、今回、おもてサンドさんにちょっぴり取材を受けたので、そのうち載ると思われます。

さてさて、最近、「生活」という言葉がテーマです。

朝起きて、
コーヒーを飲んで、
仕事をして、
散歩をして、
ご飯を作って、
食べて、
お風呂に入って、
本を読んで、
少し考え事をして、
眠って、
夢を見て、
そしてまた起きて。
淡々とひとつひとつきちんと生活をすること。
そういう淡々とした日々を送りたいなと思います。
不思議です。
淡々とした余裕のある生活に憧れている自分が。

ものすごく面白くて、今すぐ最後まで読んでしまいたい漫画があったとして、
それを途中で止めて、明日に先送りできる。
そんな諦めにも近い余裕に憧れています。

そして、今日は原宿でマジックの仕事が終わった帰りに原宿ロールを買って(本当ははちみつバージョンが欲しかったのだけれど売り切れでした、なんてことが生活しているっぽくて良いのです)、
先ほどまな板の上で包丁を使って(この生活さを匂わせるアイテムが大事)それを切って、
3口で食べました。
[PR]
by alone-in-sky | 2011-08-24 23:37
ブランクロシェットで2日間、ディナーショー終了しました。
お越し頂いた方、ありがとうございました。

http://www.blanc-clochette.com/dinner.html

フォアグラハンバーグが有名なお店ですが、
その他のコース料理も食材から拘っていらっしゃいます。
特別な日に足を運んでみては、いかがでしょうか。

そして、早いもので今度の日曜、24日はAPOCシアターでソロライブ【Cut】です。
「ソロ」なので、「ひとり」です。
家で「ひとり」でこつこつ、「こういうのって面白いんじゃないか」と考えて、形にしたライブです。
そして、前作、前々作以上に、「ひとり」に焦点のあたったものになりました。

「ひとり」は寂しいですが、その寂しさが僕は好きです。
「ひとり」だからこそできることがあります。
そして、誰もがどこかで必ず「ひとり」です。
誰かを、何かを期待して「ひとり」だったりもします。
ひとり、ひとり、ひとり。
そんな「ひとり」の舞台です。

それでは、24日お会いしましょう。

ソロライブ【Cut】公式ページはこちら。
チケットの購入はこちら
[PR]
by alone-in-sky | 2011-07-19 00:15
毎日、本当に暑いですね。

家の隣には高校があって、土日は午前中からお昼にかけて、野球部やサッカー部の練習している音や声が聞こえてきます。
そんな音を聞いていると、へこたれるまで走ってみたくなんかしたりします。

そして、ソロライブ【Cut】まであと2週間となりました。
いつもの舞台に比べて、演目数が2つほど多めです。
Cutなので、過去のものも新しいものも、いろんなものから少しずつ切り取って並べることができたらなぁと。
切り取って、貼りつけて、また別な角度で切り取って、また別のところに貼り付けて。
そしたら、また別な何かが見えてくるかもしれないという期待を込めて。

ぺたぺたとコルクボードに写真を貼って、7月24日はどの写真にしようか決めている。
そして、もうだいぶ決まりつつあります。

暑くても、落ち込むことがあっても、へこたれるまであと2週間走ってみようと思います。

ソロライブ【Cut】公式サイト
チケットの購入はこちら
[PR]
by alone-in-sky | 2011-07-10 11:18

7月、引きこもりの季節

7月がやってきました。

日中は暑くて暑くてとろけそうですが、夜は意外と涼しかったりします。
忙しい、忙しいと考えてしまうと、本当に忙しくなって、時間もどんどん進んでしまうので、たまに気を抜いて、「暇だー」なんて思うことにしています。経済的にも精神的にも、そしてパフォーマンスにおいても余裕があるということは大切なことだなぁと最近しみじみです。

僕にとっては、これから24日のソロライブ【Cut】まで引きこもりの季節です。
ブログの内容も、Twitterもきっと【Cut】関連のことばかりなると思います。【LINK】のときがそうだった気がします。
それでも余裕は大切ですね、きっと。
ぐわぁぁぁっと妄信的になっても、たまにはふっと引いてみることが大切ですね、きっと。

舞台では、いろんなスタイルの作品を織り交ぜることにしているので、
そして作品ごとに使う道具も雰囲気も口調も変えることにしているので、
一つ一つの作品に対して言葉遣いや動きの練習が必要です。

こういう人なら、こういうことを言うかもなぁなんてことを考えるのは楽しいです。

一つ一つの作品に深く深く取り組むごとに、自分の中にきっと何かが蓄積されていくのだろうと期待しています。
アドラーの言っている「スケールを大きくする」ために、一つ一つ、深く深く取り組むことが影響すると思っています。

何を書きたいのかよく分からなくなってきたので、このあたりで離脱します。

【Cut】は1話15分ほどの物語を6つくらい集めたショートストーリー集です。
そんな7月24日は、アナログ放送最後の日らしいです。そんな国家的イベントの日に、僕は舞台でマジックをします。

ソロライブ【Cut】公式ページ
購入はこちらイープラスで
[PR]
by alone-in-sky | 2011-07-03 21:10
6月の小さなマジックショー、終了しました。
お越し頂いた方、ありがとうございました。

お昼に、明るい空間で、不思議さを楽しんでもらう。
小さな空間で、小さな道具で、少ない人数で、一つのテーブルを囲んで、1時間ほど。

次は8月20日です。
マジック30分
レクチャー15分
マジック+ストーリー15分
の構成の予定です。
ご予約はshota@magician.jpまで。
詳細はこちらで。

さぁて、あと1ヶ月もしないうちに舞台【Cut】です。
ちなみに、劇場のある千歳船橋は世田谷区です。千葉ではありません。
ここ。

以前もどこかで書いた気がしますが、
今回の【Cut】のような舞台スタイルでライブをするとき、僕個人の《決め事》というものがあります。
いわゆるマニュアルのようなものです。

①アシスタントは使わない。
よくマジックのショーなどでは、綺麗な女性や黒い服を着た男性がアシスタントとして舞台に登場します。
ですが、僕はアシスタントは使わないことに決めています。
まず、マジシャンなのにアシスタントを使用する、という状況が個人的には好きではないのです。
誰かを宙に浮かしたりするのであれば必要かもしれませんが、道具の持ち運び等の理由でアシスタントを登場させるよりは、僕は一人で全部やりたいのです。
ソロライブだしね。

②途中休憩は入れない。
60分なら60分、90分なら90分、休憩なしで走り抜けることにしています。これには、いろんな理由があります。
まず、休憩を入れてしまうとそこで舞台の世界から離れてしまう時間が発生してしまうということ。
ある程度の時間をかけて、舞台の世界を構築しても、休憩が挟まることで、休憩後にもう一度舞台の世界を構築し直すのに時間がかかってしまいます。
これは、僕にとって、特に舞台では避けたいことの一つです。
もう一つ。長い時間舞台に立ち続ける力をつけたいということ。
やっぱり、休憩を挟んでしまうと、一つの目の理由と同じく、自分自身も舞台の世界にきっちり入るのに時間がかかってしまいますし、体力もつかないとこっそり思っているのです。

③オリジナルの作品であること
舞台に関して、これは最重要項目としてこだわっています。
オリジナルの定義は人によって様々だと思いますが、僕の場合、その作品(10〜15分の手順)をマジシャンの集まりの中で演じられるかどうかだと思っています。
自分より上手い人がたくさんいる状況で、堂々とその作品を演じることが出来るか。
世界を見たら、自分より上手なマジシャンはいくらでもいます。
そんな中で、どう自分の存在価値を見いだせるかが僕にとっても、観客にとっても重要だと思っています。

作品事の雰囲気にパターンをもたせるとか、他にもいくつか《決め事》はありますが、長くなってしまうので、今日はここまで。
ではでは。

ソロライブ【Cut】公式ページ
チケットの購入はこちらから。
[PR]
by alone-in-sky | 2011-06-25 19:36